すぐに取れる方法

振り向く女性

漁師意外にもある船舶免許を活かした仕事!!

船舶免許を活かした仕事というと、どのような仕事を思い浮かべるでしょうか。船を運転する仕事ということで、漁師を思い浮かべる方も多くいるかもしれませんが、船舶免許を活かせる仕事は漁師の他にも色々あります。 例えば船舶免許を活かした仕事の選択肢の一つして、遊覧船の操縦などがあげられます。他にも釣り船の操縦をするなど、お客さんを船に乗せることで、船舶免許を活かした仕事をすることも可能です。 もちろん、船舶免許を持っている人のすべてが、免許を活かした仕事をしているというわけではありません。人によっては、趣味の一環で免許を取得しています。そのため、必ずしも仕事に結びつけなければならないというわけではなく、自分が取得したいと思ったら、取得するのも選択肢の一つです。

船舶免許を取得する方法とは?

船舶免許は、自動車免許と非常に似ている部分があります。 取得には、自動車教習所のような「登録小型船舶教習所」にいく方法があります。国土交通省登録されている水産高校や教習所に入学し、指定のカリキュラムを受講して、国家試験と同じ内容の修了試験に合格し修了証書を提出すれば、学科試験と実技試験が免除で船舶免許が得られます。 それ以外にも、「免許スクール」に通学して受験する、独学で勉強して船舶免許を受験するという方法もあります。 なお、教習所といっても、自動車免許のように1か月ほど講習を受けるわけではありません。船舶免許の場合は、大抵2日から4日程度の短期に集中して学ぶコースを設定しているところがほとんどです。